フェア予約

料理

会席料理

半世紀もの間、各界の著名人から愛されてきた老舗の日本料理店だから出せる本物の味。経験や技におぼれることなく、
旬の食材・素材の旨味を存分に引き立てるアイデアと技術は、和食において最高の輝きをみせる。
調理師会の会長職も歴任する職人たちが伝統と文化を守り続けてきた和食を、
ゲストと共にお楽しみください。

お料理の一例

前菜[祝肴]

胡麻豆腐、白和え、鳴門サーモン、瓢玉子、新牛蒡揚天など、日本の四季を目と舌で堪能できる逸品が揃います。お二人の仲睦まじい姿を表現した夫婦水鳥など、縁起物の器に盛り付けて。

お椀[蒔絵椀盛]

鱧の吉野仕立、上品で優しいお吸い物に。利尻昆布から一晩かけて旨みを引き出し合わせた鰹出汁。鱧に吉野葛を打ち、ふんわり、つるりとしたお椀種に、水引を見立てた人参大根を添えて。

お造り[祝結び盛]

鮪、鯛、烏賊刺身など、日本各地の漁港から取り寄せた旬の鮮魚を結びの器に。 熟練の職人が丁寧に捌いて盛り付けた艶のある刺身に、静岡産の新鮮な山葵を添えて。

合肴[進肴]

若毛蟹のゼリー酢寄せは、料理長の腕が鳴る季節の逸品。祝宴の席半ば、お酒がすすむ料理としてご用意します。若毛蟹の独特で優しい味わいを是非ご堪能ください。

焼き物[車屋祝八寸]

隠れ里 車屋オリジナルの和風ステーキ野田焼、鮎並女の山椒焼は木の芽の香りで。彩り鮮やかな車海老は寿司でご用意。坂田甚内陶芸の祝八寸皿に盛り付けて華やかさを。

煮物[多喜合せ]

京湯葉、小芋、茄子、蒸し鮑を、じっくりと時間をかけて旨みを凝縮した一品。お二人とゲストの皆さまが一体となる祝宴の席のように、素材の調和をお楽しみください。