問合せ・資料請求

鶴岡八幡宮

挙式

上質で厳かな日本の結婚式。誰もが憧れるハレの日を。

花嫁支度

門出の契りを交わすための、身と心を凛と正す大切な時間。恋人から夫婦へ。二つの家族を繋ぎ、大きな一つの家族へ。その移り変わりへの決意と覚悟を新たにする時間。着物に袖を通す瞬間、口紅を塗る瞬間。花嫁としての支度を整えていくその一瞬一瞬に、大切な方々への感謝の想いが込められていきます。

この日のために選び抜いた一着を身に纏うお支度は、鎌倉駅から徒歩3分のThe KAMAKURA WEDDINGのサロンにて。日本人の気品を纏っていく花嫁の姿。そこには、嫁いでいく女性の強く優しい美しさが映し出されます。

鶴岡八幡宮へ

身支度を整えた新郎新婦は、挙式の舞台である鶴岡八幡宮へ。お二人をお連れするのは、鎌倉の風物詩でもある人力車。良き日の想い出を語らいながら、恋人から夫婦になる道のりをゆっくりと進みます。(ご要望により、タクシーでの移動も承っております。)

行く先の鶴岡八幡宮は、八百年の歴史を刻んできた古都 鎌倉を代表する神社。国宝の工芸品の数々、建造物、彫刻、古文書などを多く携え、日本の伝統を色濃く受け継ぐ。日本の三大八幡宮の一つでもあり、国の重要文化財に指定される同宮では、誰もが憧れる日本の結婚式を叶えられるでしょう。

場所

現在の御本殿は、文政11年(1828)、江戸幕府11代将軍徳川家斉の造営による代表的な江戸建築で、
若宮とともに国の重要文化財に指定されています。 深い杜の緑と鮮やかな御社殿の朱色が調和する境内には源頼朝公、
実朝公をお祀りする白旗神社をはじめとする境内社のほか、 静御前ゆかりの舞殿や段葛が八百年の長い歴史を伝えています。

鶴岡八幡宮の神前式

境内の中心部に位置する「舞殿」が挙式の舞台となります。

「舞殿」はかつて静御前が源頼朝公の御前で源義経を慕い
舞を納めたという地に建立された源氏と鎌倉幕府ゆかりの場所。
開放的な雰囲気の中で、観光に訪れた方々からも温かなご祝福をいただける舞殿式が 行えます。

古都鎌倉・鶴岡八幡宮ならではの雅やかな雰囲気の中で、
ご親族やご友人の温かい祝福に見守られながら、厳粛に執りおこなわれます。
ご新郎ご新婦はもちろん、ご参列の皆様にとっても忘れられない良き 日となるでしょう。  

式次第

一、参進(入場)
一、着席(斎主以下着座)
一、開式
一、修祓の儀(お祓い)
一、祝詞奏上(神前奉告)
一、巫女による神楽舞
一、誓いの盃(神酒排戴)
一、誓詞奉上(誓いの詞)
一、玉串拝礼
一、指輪の儀(指輪の交換)
一、親族盃の儀(親族の誓い)
一、退下(退場)

花嫁行列

挙式を終え、両家親族と共に一歩一歩。境内に花を咲かせる白無垢と紋付袴は、鶴岡八幡宮の自然美・伝統美と一体になり周囲を神聖な空気で包み込む。優しく照らす太陽の光、二人を祝福するかのような鳥のさえずり、風に揺れる樹々の音色。それは、人生のほんのひとときだけれど、一生の記憶に残るひとときになります。

記念写真

鎌倉を代表する鶴岡八幡宮の太鼓橋の前で記念撮影を。空の青、樹々の緑、そして鳥居と橋の朱色。ご親族とご友人の屈託のない笑顔に、緊張していたお二人も思わず笑みがこぼれる。結婚の契りを結び、大きな家族となった記念すべき吉日。これから先も共に歩む大切な方々と、色褪せることのない幸せの瞬間を写し取ります。

鶴岡八幡宮 インフォメーション

住所

鶴岡八幡宮
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31 鶴岡八幡宮社務所

参列可能人数

親族のみ36名様まで(新郎様新婦様・媒酌人を除く)

初穂料

20万円 幸あかり式25万円(神社で正式予約時、直接お客様ご自身にて初穂料をお納め下さい)

電車でお越しの場合

JR鎌倉駅東口より徒歩10分・江ノ電鎌倉駅より徒歩10分

The KAMAKURA WEDDING
お支度・列席着付けインフォメーション

住所

The KAMAKURA WEDDING
神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-8-5

部屋

新郎新婦着替え室
列席着付け室
※事前ご予約制(お着付け・ヘアセットのご依頼を承っております)
お着付け・ヘアセットをお申し込みの方にお着付け部屋をご用意しております。
お着替えのみのご希望は承っておりませんので了承ください。

アクセス

JR鎌倉駅西口 徒歩3分

お問い合わせ

披露宴

隠れ里 車屋

大広間、ダイニングだけでなく、両家の親族だけが集う個室での結婚式も選ぶことができます。
それぞれ趣向を凝らした会場から、ゲストの人数や用途に応じて選ぶことができる隠れ里 車屋の披露宴。

花泉[KASEN]

個室の中でもとりわけ格式の高い特別室。
着席6名~10名

ダイニング

四季の移ろいを感じられる、開放感あるお部屋。
着席20名~40名

大広間

畳が薫る館内でもっとも大きな広間。
着席10名~60名

祝宴

日本古来の結婚式は、自宅にゲストを招き、料理と会話を楽しみながら結婚相手を披露するというスタイルでした。隠れ里 車屋は、まさにそんな祝宴を叶えられる場所。ゲストが舌鼓を打つふるまい料理と、会話が弾むように設計されたプログラムを提供しています。

半世紀を超えて日本料理の真髄を体現してきた車屋。「和食」が世界文化遺産に登録され注目を浴びる中でも、一貫して料理・サービス・建物・文化という4つの軸をブレずに追求してきました。粋で、気取りなく、楽しんでいただける店であり続けること。日本の心を体感できる祝宴が、車屋にはあります。

鏡開き

結婚式は新郎家と新婦家、二つの家族のご縁を結ぶ日。だからこそ、鏡開きも新郎新婦だけでなくご両親と手を合わせて、新たな家庭の幸せを開いていただきます。よいしょ!よいしょ!の掛け声のもと、両家のご縁がさらに深まるように、会場全体で盛り上げます。

伝統芸能 紙切り芸

時代を越えて愛されるものには本質的な価値があり、次代に繋いでいく意味がある。日本の伝統芸能「紙切り芸」もそのひとつ。ゲストのリクエストに応じて即興で作り上げる芸術的な技術は、愛されながら発展を遂げて来た伝統文化を体感できる、幅広い年代に喜ばれる演出です。

ふるまい料理

縁起の良い鯛をまるごと一匹。大皿で提供される隠れ里 車屋自慢のふるまい料理に、ゲストから歓声が沸き起こる。季節感、味付け、盛付けは、伝統を重んじつつも、新しいものを積極的に採り入れるのが車屋のスタイル。職人の技と心を現代に伝える、祝いの宴にふさわしい本物のもてなしです。

会席料理

半世紀もの間、各界の著名人から愛されてきた老舗の日本料理店だから出せる本物の味。経験や技におぼれることなく、
旬の食材・素材の旨味を存分に引き立てるアイデアと技術は、和食において最高の輝きをみせる。
調理師会の会長職も歴任する職人たちが伝統と文化を守り続けてきた和食を、
ゲストと共にお楽しみください。

お料理の一例

前菜[祝肴]

胡麻豆腐、白和え、鳴門サーモン、瓢玉子、新牛蒡揚天など、日本の四季を目と舌で堪能できる逸品が揃います。お二人の仲睦まじい姿を表現した夫婦水鳥など、縁起物の器に盛り付けて。

お椀[蒔絵椀盛]

鱧の吉野仕立、上品で優しいお吸い物に。利尻昆布から一晩かけて旨みを引き出し合わせた鰹出汁。鱧に吉野葛を打ち、ふんわり、つるりとしたお椀種に、水引を見立てた人参大根を添えて。

お造り[祝結び盛]

鮪、鯛、烏賊刺身など、日本各地の漁港から取り寄せた旬の鮮魚を結びの器に。 熟練の職人が丁寧に捌いて盛り付けた艶のある刺身に、静岡産の新鮮な山葵を添えて。

合肴[進肴]

若毛蟹のゼリー酢寄せは、料理長の腕が鳴る季節の逸品。祝宴の席半ば、お酒がすすむ料理としてご用意します。若毛蟹の独特で優しい味わいを是非ご堪能ください。

焼き物[車屋祝八寸]

隠れ里 車屋オリジナルの和風ステーキ野田焼、鮎並女の山椒焼は木の芽の香りで。彩り鮮やかな車海老は寿司でご用意。坂田甚内陶芸の祝八寸皿に盛り付けて華やかさを。

煮物[多喜合せ]

京湯葉、小芋、茄子、蒸し鮑を、じっくりと時間をかけて旨みを凝縮した一品。お二人とゲストの皆さまが一体となる祝宴の席のように、素材の調和をお楽しみください。

着席人数
6名~60名  個室6名~10名 ダイニング20名~40名 大広間10名~60名
挙式スタイル
日本料理
施設概要
親族待合室、ゲスト待合室、女性着替え室、男性着替え室、新郎新婦控え室
挙式会場、披露宴会場、日本庭園

神前式から披露宴までの流れ

新郎新婦
お支度

The KAMAKURA WEDDINGサロンにてお支度。

移動

人力車15分
タクシー8分

鶴岡八幡宮
神前式

列席者は直接鶴岡八幡宮へお越しください

移動

マイクロバスをお手配します。約40分の車窓を楽しんでいただきます。

隠れ里車屋
ご披露宴

料金・プラン

鶴岡八幡宮×隠れ里車屋
新春セットプラン

30名様 190万円~
1月~2月限定
more

鶴岡八幡宮×隠れ里車屋
セットプラン

10名様 103万円~
少人数限定
more

フェア

【ウェディングサロン開催】
鶴岡八幡宮 神前結婚式相談フェア

7/29(土),7/30(日),8/5(土),8/12(土),8/13(日),
8/19(土),8/20(日),8/26(土),8/27(日)

日本人だからこそ和装を着て神前結婚式をして写真も残したいけれど、手配はどうしたら良いかわからない、そんな方にお勧めのフェアです。

more

平日開催 お仕事帰りにも
【ウェディングサロン開催】
鶴岡八幡宮 神前結婚式相談フェア

7/26(水),7/27(木),7/28(金),8/2(水),8/3(木),
8/4(金),8/9(水),8/14(月),8/16(水)

日本人だからこそ和装を着て神前結婚式をしたいけれど、いろいろ手配はどうしたらわからない、そんな方にお勧めのフェアです。

more

アクセス

鶴岡八幡宮

住所
神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
アクセス
JR鎌倉駅東口 徒歩10分