お問合せ・資料請求
News

最新情報

鎌倉で和婚をお考えの方へ~時代を超えて愛される着物~

  • Category : ウェディングアイテム
  • 2017.08.07

おはようございます。

The KAMAKURA WEDDING阿部です。

 

The KAMAKURA WEDDINGでは、オーセンティック鎌倉のお衣裳を

皆様にご案内させて頂いております。

オーセンティックには、『本物の・真正の』という意味がございます。

その名に相応しく、オーセンティックでご用意させて頂いておりますお着物やドレスは

正絹のお着物、シルク素材、職人の手仕事の一点物ばかりです。

 

これらのお着物は羽織ることでその重みも感じることと思います。

その重みは、嫁ぐ娘の幸せを願い、

真に良きものをと一着を探し求めた、母の想いの重さなのではないか、と私は思っています。

その背景は、昔は母親が嫁ぐ娘のためにとっておきのお着物を仕立ててご用意されていたのです。

そして本当に嫁ぐ娘のために仕立てられたのではないか、

と思うほどのお着物をご紹介いたします。

 
 


 

そのお着物は20年以上大切に保管され、

今はもう作ることが出来ないと言われている一点物のお着物。

その貴重な着物とご縁をいただき、オーセンティック鎌倉店にご用意することが叶いました。

そこで、弊社代表の宮腰がオーセンティックさんとタイアップさせて頂き

帯や小物、飾り襟の組み合わせをスタイリングをすることで

『トータルコーディネートで魅せる着物』として、リブランディング致しました。

 
 

3着お着物がございますが、どれも刺繍やその技術は今では職人が居ないと言われております。

そのお着物をぜひご紹介させて頂きたいと思います。

 
 


 

◆流暢に描かれた唐草紋様の蔓を伸ばす勢いは、繁栄発展を願うもので

その様子からは豪華な印象を与えてくれ、

鮮明な彩りで施した華紋は一層華やかさを添え、

ハレノ日に相応しい美麗な雰囲気を醸し出しているお着物です。

この図案を、逸品織物として表現するために

全て職人が手作業にて糸を織っております。
 
 


 

◆川島織物は、真、善、美を大切にした織物です。

日本に伝わる五彩「赤、白、黄、緑、紫」を艶やかにまるで一幅の絵画のような意匠。

川島織物は現在、打掛の製作は行っていないため、とても貴重な一枚。

真は、素材や工程にいささかのごまかしも許さない、本物作り、

善は、使う人、買う人に喜びと安心感を与える製品を提供する信頼作り、

美は、日本伝統の染色美を徹底的に追求する芸術的一流品作り。
 
 


 

◆織物の世界に、革新を持ち込んだ初代龍村平蔵。

その昔、法隆寺、正倉院に伝わる古代裂の復元において拘り、

立体感、色彩、糸の性質を利用することで文様を立体的に再現しました。

オーロラのように光る箔は龍村の特徴でもあり、他のブランドよりも箔の幅が太めになります。

鏡柄にのように丸(円)は始点も終点もないため、

無限を表すとして縁起の良い文様。円=縁にも繋がります。

 
 

これらのお着物はもう日本中のどこを探しても見つからないような1着になっております。

是非一度その本物に触れてみてください。

嫁ぐ日とは、嫁ぐ先で幸せになると誓う日。

母の愛を纏う大切な1着、是非その重みと尊さを感じてください。