お問合せ・資料請求
News

最新情報

笑い声が溢れるお寺に 鎌倉明王院の結婚式

  • Category : 明王院
  • 2017.08.30

こんばんは、
The KAMAKURA WEDDINGの内河です。
鎌倉にはたくさんのお寺があり、
「寺密度」という言葉がもしあったなら、
日本一の数のお寺が鎌倉の中にあります。
そのお寺の中で結婚式と披露宴が出来るのは明王院だけです。

 

明王院は鎌倉時代に、鎌倉幕府が建立したお寺で今尚残るお寺です。
そして明王院の特徴は檀家制度を持たない「祈願寺」というお寺です。
その他のお寺は檀家がいて、
仏前式を挙げるのはその檀家だけに許されている事が殆どです。
しかし、明王院は願いを叶えたい時にお参りする祈願寺である為、
宗教や宗派問わず受けいれて下さる場所です。

お寺は信仰の場であると同時に、寺子屋のような学問の場であったり、
武術や芸事を奉納される劇場のような役割もありました。
しかしながら、現在は亡くなった方を偲ぶ場所というイメージが根強くあります。
世間一般にイメージされる寺イコール「先祖供養、故人を偲ぶ場所」というイメージを
少しでも変えたい、寺本来の姿を知っていただきたいという副住職の想いから
ご結婚式をお手伝いするようになりました。
昨年末、副住職から、
「1年結婚式をやってきて、明王院に革命が起きた!」と嬉しいお言葉を頂きました。
そのお言葉の背景を改めてお聞きしたく、
インタビューをさせて頂いた事がありました。

 

「仏前結婚式の用意は、普段の法要とは違うため、手間もかかります。
しかし、お寺で執り行う法要の中で最も明るく、幸せに満ちた性格のためか、
どんなに忙しい時に重なったとしても、私を含め職員全員が弱音を吐くどころか、
逆にイキイキと準備に取り組んでいるのです。
どの法要でも同じはずなのですが、結婚式はとりわけ「人生の大切な一場面に明王院を選んでいただけた」と
強く感じることができる法要なのかもしれません。
また、仏前結婚式がなければ、明王院にいらっしゃる機会がなかったかもしれない参列者の皆様にも
お参りいただけることは大変ありがたいことです。

 

実際に、明王院で式を挙げることにならなくても、ご見学にお越し下さり、
お寺のことを知っていただくことができることは、当初「寺本来の姿を知っていただきたい」と思っていた願いが
叶っているのではないかと、感じています。
明るいお寺、を目指す明王院にとって、今や仏前結婚式はなくてはならない法要になりつつあります」

そんなふうに結婚式について考えて下さっています。
また、神聖なご本堂は副住職自らご案内をとお願いをしているのですが、
その際には明王院の歴史や鎌倉の歴史と合せて
お二人のご結婚式のご希望も一緒に聞いて下さいます。
「どのようにできるか一緒に考えましょう!」と必ず前向きにお返事をしてくださいます。

 

これまでのご結婚式では、明王院の広い庭でお餅つきや
披露宴前にウェルカムドリンクを飲みながらゆったりとウェルカムパーティ、
ご本堂で家族の合唱の奉納、ご新郎様が得意だというけん玉の奉納など
たくさんのことを行ってきました。

 

お二人が望むことを形にして、喜んで欲しいと考えて下さるお寺が鎌倉にはあります。
1日1組様限定のご結婚式だからこそ、
お二人がやりたいと考えることをまずはお聞かせ下さい。
お二人らしいご結婚式を一緒に創り上げませんか。