お問合せ・資料請求
News

最新情報

歴史深き鎌倉で行う花嫁道中

  • Category : ウェディングアイテム
  • 2017.11.06

こんばんは。
 
The KAMAKURA WEDDINGの阿部でございます。
 
The KAMAKURA WEDDINGでは日本の歴史を大切にしております。
中でもお手伝いしております結婚式は、人生の通過儀礼。
その古今変わらぬ本質に寄りそい、
過去、現在、未来へと刻を繋ぎ、親、子、孫へと心を紡いでいきます。
 
ご両親に感謝の意を伝える挨拶の儀。
ご列席の方々への礼を表す三礼の儀。
神聖な境内を参列者と歩む参進の儀。
お母様のお手引きによる引き渡しの儀。
それぞれの儀式に日本古来の意味があります。
 
中でも私たちが挙式の前にプロデュースしております中で
花嫁道中というシーンがございます。
 

 
 
花嫁道中は、花嫁が自宅で身支度を整え、
揃いの半纏を着て
箪笥や長持ちを持ち行列をなし
新郎家へ嫁ぐ。
そんな姿がありました。
 
そこで提灯持ちで先導をしていたのが俥夫です。
 

 
 
俥夫はお二人のお支度部屋より、先導をしながら挙式会場へ
ご案内させて頂きます。
まるで花嫁道中の先導のように、
新郎様の行く先を示すように。
花嫁様の足元を照らすように。
二人の進む先を示してくれるように。
 

  
俥夫で先導されたお二人は挙式を経て
夫婦の契りを交わしていきます。
夫婦になったお二人は
これから先の人生を共に固く歩んでいけると思います。