フェア予約
Blog プランナーブログ
結婚式の中の大切な時間 「挨拶の儀」
  • Category : 一条恵観山荘
  • 2018.04.06

こんにちは、
The KAMAKURA WEDDING内河です。
先週3月31日、2017年の年度末、
一条恵観山荘での初めてのご結婚式が行われました。

 

 

こちらのブログ内でも
昨年の秋頃から立ち上げ奮闘記をアップしていましたが、
いよいよ本番を迎えました。
この日を迎えるにあたり、
お二人とお打合せを重ね、
たくさんのお話しをし、
準備を行って参りました。
そして、衣装担当スタッフや美容のスタッフ、司会、音響、
演出、調理スタッフ、サービススタッフ、会場スタッフとたくさんのスタッフと
立ち上げ準備の中で何度も会場に足を運び、
シミュレーションを重ねてきました。
当日はプランナーだけではなく、
たくさんのスタッフと一致団結し、
お二人のご結婚式を創り上げるチームとして
お手伝いをさせて頂きました。
ご結婚式、当日にプロの手によって撮られた写真の仕上がりまでは
もうしばらくかかりますが、
このブログでも改めてお見せ致します。

 

 

一条恵観山荘でのご結婚式を挙げた第一号のお二人は
ご準備の段階から「楽しみです!!」と仰って下さっていましたし、
ご両家の親御様とも事前にお話しをさせて頂く機会があり、
その中で「貴重な場所に行けるので、お式も、場所に伺うのも楽しみ!」と
仰って下さっていました。
その期待に応えたいと準備を進めて参りました。
挙式はこの一条恵観山荘でしかできない「茶の湯祝言」
その挙式の前に大切にしたいと思っている時間のひとつが「挨拶の儀」です。

 

 

これから新しく家庭を築き、歩んでいくため、
けじめとして、これまでの感謝を親御様に伝える時間。
今ではそんな時間をとる事ができない事が多く、
慌ただしく、衣装の支度をし、
流されるように挙式をする。

 

時間に追われるのではなく、私たちはこのご家族の時間を設ける様にし、
大切にしています。
3月31日のご結婚式当日も、
もちろんこの時間を作り、
ご両家、ご家族様だけのお時間をお過ごし頂きました。
ご結婚式1日の中では僅かな時間かもしれませんが、
これからも私たちはこのお時間の価値を
皆様にお伝えしていきます。
一条恵観山荘でお式をご検討のお二人には、
貴重な文化財の恵観山荘をご案内し、
挨拶の儀を含め、想いを込めて創り上げるご結婚式1日をご提案致します。

 
 

一条恵観山荘の結婚式はこちらからご覧くださいませ。