お問合せ・資料請求

感動レポート

両家の演目を通して、
新たな家族を紡ぐ一日。

遠藤様
2017年3月
明王院挙式・披露宴
30名様

結婚式の背景

結婚の報告をしたら皆が自分のことのように喜んでくれた。
そんな温かな皆様と、両家それぞれの演目を通した共通の時間を共有し
新たな家族として第一歩を歩む節目としての一日。
そんな結婚式で自分たちの出来る最大級のもてなしを。

明王院 仏前挙式

大好きな鎌倉で自分たちらしい結婚式を出来る会場を探していたお二人。
きらびやかな会場ではなく、有名な神社でもない。
どこか懐かしさを感じる明王院の雰囲気と、
副住職の温かく迎え入れてくれる空気感。
自分たちの求めていたものはこれだと、明王院での仏前挙式を選ばれた。

披露宴

二人の出会いのきっかけはソフトボール。
夫婦としての絆の証をソフトボールの始球式になぞらえて皆様へお披露目。
明王院の山門には華やかな花暖簾を掛け、皆様をお迎えする。
披露宴会場には明王院の自然豊かな空気感をより引き立たせるように、枝物で装飾。
お二人の高砂席もあえて設けず、ゲストを近くに感じられるような距離感に設計。
ゲストの皆様がそれぞれ自由にお料理やお酒を楽しみ、久々の再会を喜ぶように。

ご奉納の演目

演目の1つ目は新婦家のご希望であった、親族皆で一緒に演奏をすること。
妹様の結婚式も、お祖父様のお見送りも、
人生の節目は家族皆で一緒に演奏して楽しい時間を創ってきたことから。
演目の2つ目はけん玉。ご新郎と弟様は、けん玉が幼いころからの特技。
お祖母様から教えて頂き、ずっと家族で楽しんでこられた。
そんな演奏やけん玉を披露し、一緒に盛り上がることでご両家の縁を紡いでいきたい。
天国から見守ってくれているお祖父様、ご先祖様への感謝を込めて、
ご本堂でご披露させて頂いた。

おふたりからの感想

感動したこと...
私たちの中で大切にしたかったことが『美味しい料理とお酒を楽しんでもらう』ことでしたが
参列者から「今まで出席した結婚式の中で一番美味しかった!」「最高のもてなしだった」
と声を頂けたこと。縁側でひなたぼっこをするような、のんびりとした心地よい時間を、
私たちもゲストも過ごせたと思います。

印象に残っているシーン...
新郎家、新婦家それぞれの余興。
家族で何か1つの事をすることは殆どなかったので、すごく良い機会になりました。
両家ごとに、忙しい中何度も集まって練習した時間さえも良い思い出です。
当日はとても温かい空気の中で演奏、演舞ができて、キラキラした素敵な時間を過ごせました。
この企画を実現させていただいた副住職さんの斬新なアイディアと寛大なご配慮に、感謝いたします。

会場へのメッセージ....
ゲストからもらった感想の中で、
「この結婚式は、まるで1つの作品のようだった」という言葉がありました。
明王院さんに流れているゆっくりした温かい空気の中で、
今までお世話になった人たちに感謝を伝え、
自分たちの新しいスタートの日を過ごさせていただき、本当に幸せでした。
手の中に収まるサイズだけど、上質でオンリーワン。
ここでしか私たちの思い描いていた結婚式は実現できなかったと思いましたし、
その理想をはるかに超える結婚式が実現できました。

メイキングスタッフ
担当プランナー

萌子さんのお家が真言宗という奇跡的な明王院とのつながりを大切にしたいと思いました。
明王院がまるでお祖父様の家に来たような、温かな空気感だと仰る二人。
この空気感を結婚式にいらっしゃる皆様にも感じて頂き、
お二人が心に抱いている感謝を伝えられるようにプランニングさせていただきました。
皆様が一つになれるような進行を創りあげられるようにと、
明王院の副住職をはじめ職員の方々にも多大なるご配慮を頂き、ご奉納の演目が実現できました。
お二人やゲストの皆様に喜んでいただきとてもうれしかったです。
晧平さん、萌子さん、どうぞ末永くお幸せに!

阿部 友香