フェア予約
Blog プランナーブログ
結婚式の引き出物の選び方
  • Category : 萬屋本店ウェディングアイテム
  • 2019.05.06

こんにちは。
萬屋本店の千葉でございます。

 

GWも残すところあと1日となりました。
今回の大型連休でご実家に帰省されたり
結婚のご報告をされた方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?。

 

また、ご結婚式のご準備をされているカップルさん達にも
式場やアイテムを決めるいい機会になったのではないでしょうか。

 

さて、本日は結婚式で取り扱うアイテムでもあります
『引出物』についてお伝えしたいと思います。
結婚式にお越しいただいたゲストに
お持ち帰りいただく物として引出物があります。
もともと引出物の由来は、古く平安時代にさかのぼります。

 

 

宴席の土産物として貴重な馬を厩から引き出し、
それを客人に持ち帰ってもらったことから
その名の由来が来ているといわれています。

 

そんな引出物は、今でも昔でも想いは変わらず、
感謝の気持ちを精一杯込めて贈る気持ちがございます。

 

しかし、そんな感謝の気持ちを表現するはずの引出物が
時代の流れか、変化がでてきたことを最近感じます。

 

その変化の1つとして、
ゲストのご自宅に直接引出物が届く「宅配サービス」のスタイルがあります。
ご結婚式当日に引出物をお渡ししないので、お帰りのゲストへの負担が減ります。
また、引出物カードのようなものも誕生し、後日ゲストが
携帯やパソコンから選んでお申込みができる新しいスタイルも増えてます。

 

ただ、この宅配サービスを運営しているギフト会社の担当の方に話を聞いてみると、
実際、頼まれないゲストが3割ほどいらっしゃるとのことでした。
大切な人だからこそ喜んでもらいたいと思ってご用意された引出物が
結局ゲストのお手元に残らないのは残念なことだと思います。

 

 

結婚式もそうですが、出産、入学、卒業、成人式、入社式、
そして毎年くる誕生日…、人生にはお祝いできるタイミングが沢山あります。
そんな節目節目には、祝福の気持ち、感謝の気持ちを持って、
大切な方を想い浮かべながらお祝い、お返しを何にするかを考えますよね。

 

その大切な方を思い浮かべる時間、そしてその気持ちが何よりも大切だと思います。
選びに選びぬき、感謝の気持ちがこもった引出物をゲストが手に取る度に、
結婚式の思い出も一緒に想い返せる、そんな引出物を選んでいただきたいです。

 

 

 

また、結婚式にはご列席が叶わなかった方で、
結婚祝いをいただいた方へのお返しも忘れてはいけない大切なことです。
それを「内祝い」と言いますが、引出物を贈る気持ちとご一緒で
その方を想い浮かべ、その想いが形となってきちんとお手元に届く…、
そんな心温まる内祝いをお返ししていきましょう。

詳細についてはご担当のコンシェルジュまでお気軽にご相談ください。