【with コロナ】鎌倉で結婚式を挙げようかお悩みの方へ ①会場見学編|ブログ|和婚・神社挙式・鎌倉の結婚式場|The KAMAKURA WEDDING
フェア予約
Blog プランナーブログ
【with コロナ】鎌倉で結婚式を挙げようかお悩みの方へ ①会場見学編
  • Category : コラム
  • 2020.07.10

こんにちは。

The KAMAKURA WEDDINGの阿部でございます。

 

7月に入り、だんだんと鎌倉にも観光の方々の姿を日々目にする機会も増えてきています。

皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

私どもThe KAMAKURA WEDDINGでは、

6月に入ってから何組ものお客様のご結婚式をwithコロナという状況の中で、

お手伝いしてまいりました。

また同時に、ご結婚式をご検討のお客様からもご連絡やご相談を多数いただく中で

『結婚式をやりたいけど、できる状況ではない』

『どのように準備を進めたらいいかわからない』

『会場を決めて先に進みたいけど、こわくて決められない』

そんなお声を耳にすることが多くありました。

 

東京では連日100名越えのコロナウィルス新規感染者が出ており

県をまたいでの移動は控えてください、等、様々な声やニュースも聞かれます。

そんな中で結婚式を挙げることを迷われているお二人へ。

今回から数回に分けて、実際に結婚式を挙げられたお二人のお声などもお届けしながら

この記事を読んでいらっしゃるお二人が、

お二人にとってのベストな選択をしていけるようなものをお届け出来たらと思います。

お二人や状況、環境により、今結婚式を挙げることがベストなお二人もいれば、

今ではない方もいらっしゃると思います。

どの選択も正解ですし、間違っていることなどありません。

ただお二人の中での判断や考えるきっかけの一つになれればと思います。

 

■皆様が心配されていること

皆様が一番心配されている事は何でしょうか?

これはお招きしようと思っていた方や住んでいる地域によっても違うかもしれません。

よく伺うことを挙げながらお伝えさせて頂きます。

 

○皆様が遠くから移動してくる中で何かあったら怖い

特にご親族様をお招きされたいと思っていらっしゃる方などは、このように心配される方も多くいらっしゃいます。

実際に結婚式を挙げられた方々にお話を伺うこともあったのですが、

皆様ご心配されている方々は、お車で乗り合いでお越し頂く方が多いように思います。

また、隠れ里車屋や明王院などは、駐車場もございますので、ドアtoドアで

出来る限り接触のないようお越し頂く方が多くご案内させて頂いています。

それでもリスクのある方は、もちろんお越しいただくことも大事ですが、ご無理いただかず、

ビデオ通話で繋いで見守っていただくなどの方法ももちろんございます。

お呼びしたい方のご移動やお越しいただくことも考えてみましょう。

 

 

○高齢の祖父母が呼びたいけど、家から出てきてもらうのが怖い

大切なお祖父様、お祖母様には是非晴れ姿を見て欲しい。そんな方もいらっしゃると思います。

もちろんお越し頂けるのであれば、それが一番ですよね。

ただ、もちろんご家族ごとにご状況が異なるとは思いますので、

その時の祖父母様のご様子も見ながら決して無理はしないように。

出来る限り接触時間を短く、という観点から、挙式時間ぎりぎりにお越し頂き、

お待合室にいて頂く時間を短くするなどのご案内をさせて頂くこともできます。

 

 

でも、人数は決めなくてもいい。

また、こういった先にお伝えした2つのポイントについては、

会場にもよるかとは思いますが、私どもThe KAMAKURA WEDDINGでご紹介させていただいている会場では

1組様ずつでのご案内になりますし、披露宴会場も1つです。

そのため、ご人数様の決定は、最終決定が10日前で大丈夫です。

今の世の中の状況と、結婚式をするタイミングの状況。

それは全く違う可能性もあることですし誰もジャッジできないことだと思います。

そのため10日前というタイミングでご決定いただいて大丈夫ということがあれば、

安心して悩めるかなと思いますので、そういった意味ではご披露宴会場が1つの結婚式場は安心していただけるかと思います。

 

■都心がやはり感染者も多いのでリスクがありそう、どこで決めたらいいのか

そんなお声が多い気がします。

鎌倉では自然が多く、人が集まる場所も今ですとそこまでない状態です。

そのため都心よりも安心とおっしゃっていただく方が先日いらっしゃいました。

また、ポイントとしては駅直結や複合施設的な会場ですと、

不特定多数の人が出入りすることもあると思います。

1日1組様や、時間での貸し切りになっている会場では、

スタッフも、どのスタッフでお手伝いしているかが明確なので、

不特定多数の人やスタッフが出入りしているわけではないため

そういった部分でも安心いただけるポイントになってくるかと思います。

 

 

■どんなふうに向き合ってくれる会場なのか

何かが起きた時に頼る相手、相談できる相手は会場のプランナーだと思います。

どのように今回のことに向き合い寄り添ってくれるのか。

そんなこともご相談などの際に聞いてみるといいかもしれません。

私たちの場合は、【結婚式のガイドライン】というものを社内で策定し

日々更新をしながらどういった対応がベストかということを対応させていただいています。

こういったガイドラインは日々変わるものになりますので、

その時の最新のものをお打ち合わせの際に直接お話させていただいておりますので

ご成約者様でまだ見ていないという方もご安心くださいませ。

そのタイミングでの最新のものをお打ち合わせの際にご案内させていただきます。

 

私たちはこのような状況下、一番困り、悲しみ、悩んでいるのは新郎新婦のお二人だと思うからこそ

そんなお二人に寄り添った形でお話をさせていただけたら、と思い、日々向き合わせていただいております。

まだご見学中の新郎新婦がこの記事を見ていただいていたら

そういった面で、安心できるか?信頼できるか?という目線でもぜひお考えいただけたら、

何かあった際にも安心してご相談できる会場やプランナーとともに、前に進んでいけると思います。

 

ウェディングプランナーは、お二人のご不安を一緒に解決していける、

ある種理解者になれたらと思っています。

ご不安やお悩み、モヤモヤなど・・・

ぜひ仰っていただけたらと思います。

次回は打ち合わせの中でのwithコロナをお伝えしていけたらと思います。

少しでもお二人にとりまして気づきや救いになる部分があれば幸いです。

次回もお楽しみになさってくださいね。