【コロナ禍でも安心】鎌倉で結婚式を挙げようかお悩みの方へ ③結婚式当日編|ブログ|和婚・神社挙式・鎌倉の結婚式場|The KAMAKURA WEDDING
フェア予約
Blog ウェディングブログ
【コロナ禍でも安心】鎌倉で結婚式を挙げようかお悩みの方へ ③結婚式当日編
  • Category : コラム
  • 2020.10.07

こんばんは。

The KAMAKURA WEDDINGの阿部でございます。

 

すっかり季節も秋めいてきましたね。

前撮りやご結婚式をお手伝いすることも増えてきました。

今回はついに今までお伝えさせて頂いておりましたコロナ禍でも安心していただけるような結婚式の、

いよいよ当日編です。

▶過去ブログ記事はこちらかから

【コロナ禍でも安心】鎌倉で結婚式を挙げようかお悩みの方へ ①会場見学編

【コロナ禍でも安心】鎌倉で結婚式を挙げようかお悩みの方へ ②打ち合わせ編

 

ご結婚式当日は、日々情勢が変わっておりますので、その都度ご対応内容も更新しておりますが

実際に私どもでお手伝いしていることや、こんな風に1日皆様過ごしている

というイメージをつけていただけたらと思います。

実際にゲストの皆様の気持ちになった時に、どのようにお過ごしいただけたら安心か。

そんなことを考えた時に、私たちでご用意させて頂いているものがあります。

 

 

このコロナ安心キット。

実は私の友人からアイデアをいただきました。

実際に結婚式を控えていた二人にどんなことがあったら安心か?という話をしたときに

『このような準備までしたいけど手が回らないし、もし会場で用意してくれたりすると

新郎新婦のお二人もありがたいし、ゲストの皆様も安心すると思う』

そんな声からスタートしました。

この中には、マスクケース、個包装のマスク、消毒ウェットティッシュ、そしてハンド用のアルコールスプレー。

これらが1つになっているキットで、受付時やご来館時にご用意させて頂いています。

 

また、受付時や、お二人からのお見送り時にも、手袋を用意させていただき

スタッフだけではなく、ゲストの皆様同士も少しでも安心していただけるように。

そしてご親族様とご友人様の受付を分けたりもしながら、密にならない空間を心掛けたり

披露宴会場のレイアウトもできるだけ皆様が距離を保って過ごせるように、ご提案しながら作らせていただいています。

また、会場では、もう当たり前になってきましたが、パーテーションを置き、

皆様が安心して会話をしていただけるように、準備をさせて頂いております。

 

 

結婚式当日はいらっしゃれない方ももちろんいらっしゃいます。

その中には、本当に来てほしいご友人、ご家族・・・

そういった方も中にはいらっしゃると思いますが、

こんな時だからこそ、心が通うこともあるのではないかなと思います。

 

実際にコロナ禍でも様々なご結婚式のお手伝いをさせて頂いておりますが

コロナ禍でご結婚式を挙げられたOBの新郎新婦様にインタビューをいただきました。

実際の皆様のお声やその時に感じていらっしゃったお二人のお気持ちなども赤裸々に綴ってくださっています。

 

—————

Q1.お二人はなぜ結婚式を挙げようと思われたのですか?

結婚当初、式を挙げることは乗り気でなかった二人ですが、周囲からの薦めもあって大切な家族、

特に高齢の祖母に晴れ姿を見て欲しい、感謝を伝えたいと思うようになり、決断しました。

親族中心の式でしたので、あまり堅苦しくなく、さほど感動的な空気にならず、飲み会気分でワイワイ楽しめる感じが良いと思い、

式のテーマであった「史上最高に豪華な宴会」を心がけました。

 

 

 

Q2.結婚式の決行においては、どんなことに悩まれ、誰と相談し、最終的に進めるご決断をさましたか?

コロナ禍での決行は、かなり悩みました。(悩まない方がおかしいですよね)

大切な家族に何かあったらという大きな不安もありつつ、一方で、

コロナの収束が見えない中、どの程度延期すれば良いのか、例えば1年後に設定したとして高齢の祖母に何かあったら・・・という懸念もありました。

実際、結婚式準備中に参列予定者を一人亡くしたので、その思いは人一倍強かったかもしれません。

ほぼ親戚のみで大人数にはならないこと、基本は車移動であること、

プランナーさんと綿密に打合せをしてコロナ対策を徹底すること等の理由により、二人の気持ちは延期よりも決行寄りでしたが、

そこは親を含めて参列いただく方々の気持ちを聞いた上で、最終的に決断しました。

延期した方が良いとの意見がなかったのも、決行を決断した一つの要因かもしれません。

Q3.結婚式当日に向けて、お二人やご家族の間で、注意されたこと、ご準備に際しての取り組みなどお聞かせください。

不要不急の外出はしない、マスク着用、手指消毒の徹底等、一般的な対策しかできませんが、

自分が体調不良では元も子もないので、できる限りのコロナ対策を徹底しました。

ある日を境に、プランナーさんとの打合せがリモートになったのも助かりました。

また、参列予定者には当日の感染拡大対策を伝えて少しでも安心してもらうと共に、

体調が悪くなったら前日でも良いので遠慮せず言って欲しいと伝えました。

 

Q4.結婚式の1日の中で印象に残っていることはなんですか?

終始、みんな笑顔で楽しんでもらえたこと。あとは、親の泣き顔(うれし泣き)を見られたことですかね。

コロナ禍で不安な日々の中、久しぶりに大切な人たちの笑顔を見られたことです。

直前まで本当に挙式して良いものか、散々悩みましたが(実は前日も全然眠れませんでした…)

当日、全員が楽しそうな、嬉しそうな表情をしていたのを見て、決行して良かったと心から思いました。

と同時に、大変な状況の中、私たち夫婦の為に参列し、祝福してくれたことに心から感謝し、

これからは今まで以上にこの人たちを大切にしようと誓いました。

 

 

Q5.これから結婚式を迎える新郎新婦への応援メッセージをお願いします。

■ご新郎様より

声を大にして言えることではないかもしれませんが、コロナ禍でも私たちは結婚式を執り行い、

無事に終えることができました。本当にやって良かったと思っております。

もちろん苦渋の決断をされる方々もいらっしゃいますし、何が正解かは分かりません。

もし、決行を悩まれているのであれば、なぜ結婚式をしようと思ったのか、

そこにはどんな思いが込められているのか、いま一度立ち返って考えてみてもいいかもしれません。

誰のものでもない自分たちの結婚式です。色々な意見を聞くことはもちろん大事ですが、

周りに左右され過ぎず、一生に一度のことですので、自分たちの意思も忘れず尊重してください。

これから予定されている全ての結婚式が無事、成功裏に終わることを心より祈念しております。

 

■ご新婦様より

この度はご結婚おめでとうございます!

どんな衣装にしよう? 誰を招待して、当日はどんな式にしよう??

……と、本来ならばもっとワクワクしながら準備して結婚式を迎えるはずだったのに、やるせないですよね。

お気持ち、とてもよくわかります。

挙式の時期や規模など悩まれているかと思いますが、一番に優先する要素を見直してみて、そこから決めていくと良いかもしれません。

感染リスクについて心配な面は、THE KAMAKURA WEDDINGのスタッフ様に相談すれば、しっかりと対策をしてくださいます。

また、直前での急な人数変更などもあるかと思いますが、この点も柔軟に対応してくださいますので安心してお任せできます。

一生に一度の忘れられない思い出の一日を、皆さんが晴れやかな気持ちで迎えられますことを心よりお祈りいたします。

 

——————

 

いただいたアンケートを拝見したり、実際にお打ち合わせでご相談に乗らせていただくお声を聴く中でも感じることがあります。

OBのお二人もお話くださっていましたが、

ご決断されたことに正解はありません。だからこそ、悩むこともあるかと思います。

お二人がそもそもなぜ結婚式をしたいのか?に立ち返り、どんな方にいてもらいたいか。

私は今回お二人のアンケートを拝見しながら、

同じお顔触れの皆様がいつでもそろうわけではない、それは当たり前ではなく奇跡的なことなんだ。そう強く感じました。

そしてだからこそ、今、できる最大限でお二人がなぜ結婚式をしたかったのか。

そこに触れる1日をお手伝いしていくことが、私たちの使命だと感じます。

 

 

結婚式についてのご相談はお気軽にこちらへ

各会場の結婚式のレポートはこちら