【鎌倉で前撮り撮影】結婚式のプランナーがプロデュースするフォトウェディング|ブログ|和婚・神社挙式・鎌倉の結婚式場|The KAMAKURA WEDDING
お問合わせ フェア予約
Blog ウェディングブログ
【鎌倉で前撮り撮影】結婚式のプランナーがプロデュースするフォトウェディング
  • Category : KACHI婚
  • 2021.07.03

こんにちは。The KAMAKURA WEDDINGの阿部でございます。
The KAMAKURA WEDDINGでは、ご結婚式のプロデュース以外にも、前撮り撮影やフォトウェディングについてもお手伝いをさせていただいております。
前撮り撮影やロケーションフォトには皆様どんなイメージをお持ちですか?
華やか、二人の世界観、結婚式の代わり・・・様々なイメージがありますよね。
そんな前撮り撮影やフォトウェディングのことを、私たちは愛情を込めて『KACHI婚』と呼んでいます。
今回のブログでは、私たちが持っているフォトウェディングのイメージ。
そして『KACHI婚』と呼んでいる、その誕生秘話などもお伝えしていけたらと思います。
 

-フォトウェディングの”価値”と『KACHI婚』の誕生-

 
私たちはThe KAMAKURA WEDDINGというプロデュース部署を創業してから、ずっとこのフォトウェディングのお手伝いもして参りました。
それまでは弊社での前撮り撮影は、実は結婚式をされるお二人に限り、前撮り撮影のお手伝いをさせていただいており、フォトウェディングのみのお手伝いというのはお受けしておりませんでした。
何故かと申しますと、私たちは結婚式を『人生の節目』だと考えているからです。
それまでの私たちの中でのフォトウェディングへの考え方が、フォトウェディングでは叶えることは難しいのではないか。
そんな風に考えていたので、お受けしていなかったのです。
 
しかし、鎌倉という場所にウェディングサロンを構えてから、様々な相談が来るようになりました。
思い出の地で撮影をしたい、結婚式はしないので写真をお願いできないか。
また最近ですと、結婚式をしたいと考えているけどできない、せめて写真だけでも残したい・・・様々な状況がお二人ごとにあったのです。
そんなご相談をきっかけに、結婚式を通して人生の節目をプロデュースするという形でプランニングしてきた私たちだからこそ、
届けられるものがあるのではないか。そう思ったのです。
『素敵に写真を残すこと』『フォトジェニックな写真を残す』
そういった価値ももちろん大切です。そしてそこに、『人生の節目になる時間』というものをプラスしてお届けしたい!
そうすれば結婚式ではない選択をされるお二人へも価値をお届けできるかもしれない。
そんな風に思ったことがきっかけでした。
 
ただただ、素敵な写真を残すのではなく、人生の節目だと考えると、撮影している時間がどうなったら二人にとって良いのか?
結婚式ではなく前撮りを選択されたお二人に届けられるものは何なのか?
その写真は今後どんな方とどんなふうに見て、どんな想いになってほしいのか?そのことを考えました。
そして大事にしたい!と気づいたことがあります。
今、結婚をして前に進もうとしている二人のそのありのままの姿、二人から醸し出される表情、織りなされる空気。
それらを全て残すこと。
そして結婚式をプランニングしているプランナーがプロデュースするからこそ、
『写真+α(価値)』が見出せる。届けられるものがある。
そう気づいたからこそ、人々が想いを馳せるこの鎌倉という場所で、フォトウェディングである『KACHI婚』が誕生したのです。
 

-結婚式のプランナーが手掛けるからこそできること-

 
1)前撮り撮影にもコンセプトを
 
私たちは結婚式のお手伝いをする際に、最初に必ず担当プランナーからお二人の人生、大切にしている考え方、この先どんな人生を歩みたいか。
そういったことをお伺いさせていただく『カウンセリング』と呼んでいる時間を大事にしてお打合せの中で取るようにしています。
そしてカウンセリングの中でお伺いしたことを、『コンセプトシート』というものにまとめてご提案をさせていただきます。
 

≪コンセプトシート≫
 
コンセプトシートは、お二人の結婚式がどんな1日であってほしいか。どう過ごすことでこの先の人生をどんなふうに歩んでほしいか。それを示すような指針です。
二人にとっての節目の日。それは結婚式でも、前撮り撮影でも変わりません。
届けられるものが写真以上にあると感じたからこそ、どう感じて過ごしてほしいか、結婚式のプランナーから+αのコンセプトシートのご提案をいたします。
 
2)前撮りという時間をプランニング
 
コンセプトを決めたら、そこからどんなふうに過ごしていくか。
前撮り撮影という時間でも、お二人の心境がどんなふうに変化していき、どこでどのように感じてほしいのか。
そこで残る写真の雰囲気はどんなものであってほしいか。
お写真が出来上がった後、お二人の大切な人にお見せしたときにどんな会話が起きて、どんな風に思ってもらえたらいいのか・・・
そこまでプランナーが考えさせていただき、前撮りという時間全体をプランニングしていきます。
 

≪ご提案資料≫
 
3)衣装やヘアメイクのコーディネート
 
お衣装については、常に在庫にある状態や、お好きなものを選び放題という前撮り撮影も実際は多いのです。
しかし、節目の日にお召し頂き袖を通す花嫁衣裳の1着は、特別なものであるべきだと思います。
だからこそ、私たちは今はもう限られた人でしか作ることのできない熟練の技術を使い、日本ならではの色調の繊細さと豊かさ、幸せを願う絵柄で表現している、
昔から伝わる着物の製法を大事にして、お衣装を取り扱っている、オーセンティック鎌倉のお衣装をご用意させていただいています。
オーセンティック鎌倉でご用意させて頂いておりますお衣装は、私たちプランナーと共に共同開発し、伝統技術で作られた一点物のお着物の買付などもさせていただいております。
 

 

 
ヘアメイクは芸能人や雑誌の表紙を飾るモデルさんのヘアメイクなども担当させていただくようなアーティストがお二人を担当させていただいております。
通常のヘアメイクはご新婦様からご要望を伺い、それに従ってヘアメイクをしていくのですが、私どものアーティストは違います。
ご新婦様と会話をしながら、話し方、笑い方、その方の癖やちょっとした仕草を見ながら、普段周囲の方々からどのように見られているのかなどをカウンセリングした上で、
アーティストがご新婦様にご提案しながらヘアメイクを行っていきます。
 

 
そんなお衣装やヘアメイクのご提案も、すべてはプランナーのコーディネートもあってこそ。
お二人がどんな想いで迎えられるのか。何を大事にしているのか。
それをお衣装でどう表現してほしいのか。ヘアメイクでどう彩ってほしいのか。そんな話をしながら、チームでお手伝いをしていきます。
 

-節目の時間を叶えたおふたり-

 
こんな想いでお手伝いさせて頂いていた1日はどんな1日だったのか。
先日よりお伝えさせていただいた、弊社スタッフのぞうちゃんの前撮り撮影でお伝えしていけたらと思います。
■過去ブログ
【スタッフの前撮り】結婚式をせずにフォトウェディングをする理由
 
彼女たちのコンセプトや、コンセプトに込めた想いは、前回のブログに詳しく書かせていただいたのでぜひそちらも読んでみてください。
二人はお付き合いが長く、人生の様々なターニングポイントを共に過ごしてきたものの、一緒に撮った写真は数えるほど。
口下手な二人で付き合いも長い二人は、、あえて気持ちを言葉にすることもお付き合いの中でない、と。
だからこそ、この時間は想いを伝えること、その時どんな気持ちでどんな表情をしているのか、見返したときにその気持ちがよみがえるような写真。
そしてこんなに幸せで二人でやっていけるよ、という気持ちも親御様に伝えられるような写真。
そんな写真と時間を残していきたいというのが、今回のコンセプトでした。
 
写真が苦手なご新郎様。
今回フォトグラファーはてっしーさんこと、勅使河原さんにお願いしました。
勅使河原さんは、人が大好きでその人の感情、持っているもの、過ごし方。すべてにその人柄が現れるからこそ、愛おしい。
そんな想いで撮影をしているフォトグラファーだからこそ、お二人にはぴったりだと、指名をさせていただきました。
 
和装は鎌倉のお寺、明王院で。
明王院は私たちが結婚式をお手伝いさせて頂いている場所、ということもあり、今回唯一新婦であるぞうちゃんから出た希望。
明王院で撮影をしたい。そこの背景には、彼にもこんな場所でこんな人と仕事をしているんだということを知ってもらうこと。
親御様に周りの方々にも恵まれながら立派に働いている姿を見せたい。
そんな思いもあったように思います。
 

 
だからこそできる限り、『いつも通りの二人』の雰囲気で、二人で会話をして頂くことも多く、少しずつですが新郎様の緊張もほぐれていつものお二人らしさが出てきたのかなと思います。
 

 

 
そして洋装。
この会の結びには、お二人の今回のコンセプトの中でも大事にしていた、
『想いを伝え合うこと』
の時間を取らせていただきました。
その空間には二人のみ。私たちスタッフも席を外させていただき、素直に想いを伝えられる時間に。
新婦のぞうちゃんからはお手紙を。
普段は色々な言葉で想いを包み込んでしまう時もあるけど、素直に気持ちを涙ながらに伝えている姿に私たちも心打たれました。
 

 

 
そして彼からは、率直な言葉で。
実は彼はずっと手紙を書こう、書こうとしていたのです。
 

 
しかし手紙ではなく、直接言葉で伝えてくれました。
 

 

きっとこの1日はお二人にとって、人生の糧になっていく、そして夫婦としての絆を結びなおす、そんなきっかけの時間になったのではないでしょうか。
この記事を見ているどなたかにとって、なにかのきっかけになっていたら嬉しいです。
私たちはこれからもたくさんの方へ、大切なそれぞれのGIFTを、お届けしていきます。
 

 
詳しくフォトウェディングについて知りたい方は、下記のリンクから詳細をご覧くださいね。
■フォトウェディングについて詳しく見る(HP内リンク)
前撮り撮影のご案内(WEBパンフレット)