記録撮影ではなく、ストーリーを紡ぐ映像『ハイランド』|ブログ|和婚・神社挙式・鎌倉の結婚式場|The KAMAKURA WEDDING
お問合わせ
Blog ウェディングブログ
記録撮影ではなく、ストーリーを紡ぐ映像『ハイランド』
  • Category : ウェディングアイテム
  • 2021.08.06

こんにちは。The KAMAKURA WEDDINGの長谷川です。
結婚式当日、立ち合わせていただくと、晴れ姿の新郎新婦様を嬉しそうに見守るご親族や、感慨深げな御両親の姿など、ゲストの皆様の様々な表情を拝見させていただき、そのたびに、この仕事をさせていただき、皆様の幸せなひとときに立ち合わせていただけることが私たちにとっても幸せだなあと思わせていただいています。

 

 
今日という日を迎えるまでに、新郎新婦のお二人は、それぞれに多くの方々と出会い、時間を共にし、たくさんの経験を経て今に至ります。
おふたりとのお打合せを通して、これまで育ってきた環境や、お世話になった方々の思い出をくさん伺わせていただくと、結婚式当日は、初めてお会いした方々とは思えず、胸が熱くなります。
そんな幸せな仕事に就かせていただいているからこそ、おふたりやご家族の皆様へ、本当によいものをお届けしたい、何かもっと工夫できないかといつも考えさせていただいています。
 
特に、ご入場されたときのおふたりを見守る親御様の眼差し、ゲスト紹介の中で話してくれたおふたりを想うご家族からのメッセージ、中座エスコートのときに、涙しながら歩く道のり。
何が起こるかわからない、そんな奇跡とも言える温かなシーンを、おふたりの背景やゲストの方々の背景と共に残せる映像を残したい。
もっと臨場感のある、何度見ても、その時の音や景色、声、香り、空気感までもがよみがえる、心の記憶を呼び起こしてくれるようなものにできないか。
そしてこの度、この会社さんならば、もっとよいものをお届けできると、新たなパートナーシップを結ばせていただきました。

 
ビデオ撮影の『ハイランド』さんをご紹介させていただきます。
ハイランドさんの作品は、記録する為の映像ではなく、結婚式当日に生まれる、いくつもの大切な「ストーリー」を紡ぎ、一つの映像を作成します。

 

 

代表であり、クリエイターの酒井さんは、

「お客様毎にストーリーがあり、お客様自身が大切にしていることがあると思います。
その背景を汲んだ上で、撮るべきものをおさめること
そして、その瞬間に奇跡的に起こりうる状況をのがさないこと」 

と仰っていました。
ハイランドさんのその感性が、私たちの残したい映像には非常に大切だと感じました。

 
【商品詳細】
 
1.エンドシネマ
ご結婚式当日の様子を撮影して、BGMにのせてご披露宴お開き後に上映をする映像。
ご披露宴の結びにゲストの皆様と感動を共有できます。
 
2.ハイライト
HIGHLANDさんの代名詞ともいわれるのが、この「ハイライト」です。
お支度からご披露宴お開きまでを撮影し、撮影したひとつひとつのシーンや画を繋いだ約5分間の映像。
映画の予告のように、「感動」を繋いでいくハイライト編集です。
 
 
私たち人間は「思い出」と共に生き、それは「一生の宝もの」になりえる。
酒井さんの言葉です。

お二人の人生の節目に立ち合い、信念をもって日々挑戦をし続けられてきたハイランドさんだからこそ、お客様の未来をつくるためにこの結婚式という節目の一日を、お二人の糧にして歩んでいただけるそんな作品を残せるのだと思います。

お問合せ