【フォトウェディングを検討の方へ】結婚式の考えかた|ブログ|和婚・神社挙式・鎌倉の結婚式場|The KAMAKURA WEDDING
お問合わせ フェア予約
Blog ウェディングブログ
【フォトウェディングを検討の方へ】結婚式の考えかた
  • Category : コラム
  • 2021.09.13

こんにちは。
The KAMAKURA WEDDINGの阿部でございます。
 
最近様々なSNSや、雑誌などを見てもロケーションフォトやフォトウェディングが増えていますね。
私どものウェディングサロンにもそのようなお問い合わせをたくさん日々いただいております。
その中で皆様1組様ずつお話を伺っていきますと、このコロナ禍で様々な背景を考えられ、フォトウェディングという選択をなさっている方が多くいらっしゃると感じています。
 
「結婚式をいつか挙げたい。しかしいつになるかはわからないのでフォトウェディングをする」
「結婚式は呼ぶのも申し訳ないからふたりでフォトウェディングをしよう」
 
こちらの記事をご覧になっていらっしゃる皆様の中には、
そんなお気持ちでどうしようか悩まれていらっしゃったり、お気持ちが当てはまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
本日はそんな皆様へ、選択するうえでの考えるきっかけや、新しい選択肢となる記事になればと思い書かせていただきます。
 

-おふたりの想いと選択-

 
それではフォトウェディングをご検討なさっていらっしゃる皆様へご質問です。
なぜ、フォトウェディングをされるのでしょうか?
 
・コロナ禍で結婚式がいつになるか分からないので、先にフォトウェディングをしたい
・今の状況では結婚式を挙げられないので、フォトウェディングで節目をつくりたい
・結婚式をしたいけど呼ぶのも申し訳ないので、ふたりだけのフォトウェディングをしたい
 
そんな新郎新婦様が多いように思いますし、そのお気持ちは痛いほど分かります。
おふたりが決められたご決断は、どれも正解だと思います。
そして私がたくさんの新郎新婦様とお話をさせて頂き、共通して感じているのは
「皆様まわりの皆様のことを考えて決められている」
ということです。
ご家族のご状況、ご友人のご状況など、様々なご状況を考えられ決められていらっしゃいます。
 

-おふたりの周囲の大切な人たちの想い-

 
先におふたりのお気持ちや背景を綴らせていただきました。
それでは大切な人たちの想いはどうでしょうか。
 
例えば、ご自身のご兄弟が結婚をされるとして、結婚式を挙げるか悩んでいるとします。
「遠方に住むお姉ちゃんをコロナ禍で呼ぶのは申し訳ないから、結婚式を挙げない。」
そんな選択をしようとしていたら、どう思われますか?
自分のために結婚式を挙げないなんて考えないで!絶対にに行くから!
そんなお気持ちになりませんか?
実は周りの大切な方々はおふたり自身が思っていらっしゃる以上に、肯定的に考えてくださっているものです。なぜそのように思うかといいますと、実際に結婚式を挙げられたおふたりのゲストの皆様のお声をたくさん伺っているからです。
 
こちらはご結婚式をコロナ禍でお手伝いさせていただき、実際に頂いたお声です。
例えばご新婦様のお母様。
「結婚式を挙げてくれて、ありがとう。この目でちゃんと花嫁の姿を見届けられて、おめでとうと言えて幸せだったよ。
こんなご時世だからこそ、大切な人と集まることができる唯一の機会だった気がする」

 

 
 
例えばおふたりのご友人。
「ふたりが結婚式をすると決まったら何があっても行くと決めてたよ!だってふたりの大切なはじまりの日に立ち会いたかったから」
 

 
 
例えばご結婚式にお呼びしたかったけどお声をおかけしなかった会社の先輩。
「家族だけの結婚式にすると聞いていたけど、やっぱりこんな日には立ち会いたかった。この目で実際に見て、直接おめでとうと言いたかった」
 
こんなお声がたくさんあったというのです。
書かせていただいたお言葉はすべて結婚式をされたおふたりから、実際にこんな声を頂いたと伺ったエピソードです。
 

-「結婚式をしてもいい」という考え方-

 
実際に今フォトウェディングを選ばれる方は、結婚式をしてはいけない、もしくは結婚式なんて申し訳ない。
そんなお気持ちになられていらっしゃる方が多いと思います。
ただ、おふたりの周りの方々はふたりの大事な日に立ち会いたい、と思っていらっしゃる方も多いのです。

 
 
そもそも結婚式を何のために行うのか。
 
結婚式の1日は、おふたりが夫婦としてこれから手を取り歩んでいく、その決意を固める日。
そしてこれから先の人生、大切な方々と共に生きていくんだ、という思いを深めあう日だと思います。
そんな風に過ごした日の写真を見返すことを想像してみてください。
フォトウェディングで記念に残した写真と、大切な方々と大切な時間を過ごした証を残した写真。
見返したときに思い返すことのできる気持ちが違うと思います。
 

 
 
入学式や卒業式や成人式の写真やその時のことを思い出してみてください。
式典に出て、友人と泣いたり家族のありがたさを感じた時間。
そしてその時に感じた様々な想いを含んだ表情の写真。
「ああ、あのとき、先生にはじめてありがとうって言ったな」
「成人式でおばあちゃんにいちばんに振り袖姿を見せに行ったら泣いて喜んでくれたな」
そんな風に思い出しますよね。
結婚式もその先の人生において、それほどの影響力があると思っています。
 
まずは、少しでも結婚式をやりたいな、という希望がおありなら話してみてください。
結婚式に来てほしいと思う人に、これからもお付き合いしていきたいと思う方へ声をかけてみてください。
ご家族様へお話されてみてください。
きっとおふたりが思う以上の言葉やお気持ちが返ってくるはずです。
そしておふたりにも大切な皆様にもいい選択をしていけるきっかけになればと思います。
 
このブログ記事が、結婚式を挙げてもいいんだ。そんな風におふたりの背中をそっと押せるようなものになっていたら幸いです。