フェア予約

感動レポート

萬屋本店感動レポート

桜の約束

小紙様
2017年4月
61名様
和装 洋装披露宴

結婚式の背景

お付き合いをするきっかけとなったのが、「お花見に行く」約束。
その約束から交際がスタートし、今日という日につながった二人。
花嫁衣装から連想された想い、節目の日を大切にすること、そして桜の時期。
誓いを立てるということは、 これからも幸せに歩んでいくという自身と皆様への約束。
桜の季節が巡る度にその約束を思い返せるように。

母の花嫁姿

当初白無垢を考えていたかすみさん。
しかし初めて見せてもらったご両親の結婚式の写真は、角隠しに引き振袖の姿。
その姿に「女性が嫁ぐということはどうゆうことなのか」夫婦としての在り方とは何かを感じ取る瞬間になった。

誓いという約束

誓いの言葉とは、「何十年先も家族を大切に、節目を大切に生きることを約束する」ということ。
その場にいた誰もが、家族への感謝とこれからの二人を想った時間となった祝言。

披露宴

鏡開きで新たな門出を祝い、宴が開く。
ゲスト紹介はあくまで、家族に皆様を紹介するように二人らしい言葉で。
二人が願った宴はおばあちゃんが昔、結婚式で行ったような人の縁を結び、喜びを分かち合うもの。

コーディネート

総絞りの黒の引き振袖、ご自身の髪で結う文金高島田の姿はお母様の結婚式写真からイメージをして。
春の木漏れ日から美しく輝くドレスは、アクセサリーデザイナーが手掛けた繊細なレースとビージングが透明感を引き立たせる清らかなスタイル。
北海道出身の圭司さんと、神奈川県出身のかすみさん。
桜の開花時期が違うふたりの親族とのお花見をイメージし、二人のテーブルと家族テーブルに八重桜を。
日本の春を想う温もりある優しいコーディネート。

撮影

何年経ってもこの日を忘れず、また桜の頃には家族と一緒に過ごしていこう。と誓う桜の約束。

第二のふるさと

タキシード姿と色打掛の萬屋本店スタイルで前撮りをされた二人。
たくさんの話をして歩んだ長谷の街並みは、夫婦にとっての大切な「第二のふるさと」

おふたりからの感想

感動したこと...
「挨拶の儀」でこれまでの想いや感謝を伝えられたこと。披露宴の最後に読んだ母への手紙。
どちらも改まって話せなかったことや、打ち明けられなかった本心を伝えられたとても貴重な時間になりました。
亡き父への想いを明かすことなどこの先一生ないだろうと思っていましたが、
母へ宛てた初めての手紙に残すことができ、これまでより母娘の距離が近くなったように思えます。

印象に残っているシーン...
俥夫の先導・口上により始まった披露宴の入場シーンです。
式の準備を進めるにあたり、真っ先に決めたのが俥夫の先導でした。
私たちの披露宴ではどんな口上が聞けるのか半年間楽しみにしていました。
入場の際は自然と背筋が伸び、身が引き締まったことを今でも覚えています。
また、ゲストの皆さまに「こんな素敵な演出初めて見た。」と言ってもらえたことも印象に残っています。 

萬屋本店へのメッセージ....
私たちにとって特別な「4月のあの日」。
この日に人生の節目を萬屋本店で迎えられたことは、私たちにとってとても意味深く、より大切な日となりました。
初めて萬屋本店を訪れた時から式当日まで、
私たちの式に携わってくださった全ての皆さまが誠実に対応してくださり、親身になってくださいました。
急に前撮りを決めたり、急にドレス変更したりと最後までお騒がせな夫婦だったと思いますが、
その度に皆さまの心遣いを感じました。本当にありがとうございました。
私たちにとって萬屋本店はこの先何年経ってもこの日を思い出せる大切な場所です。

メイキングスタッフ
フラワーデザイナー

かすみさんにとっては桜が特別なお花であることを伺っていましたので、桜で会場をいっぱいにしてお出迎えしたいと思っていました。結婚式当日に合わせて八重桜を咲かせるということは時期としても難しく、圭司さん、かすみさんを想いながら、桜を暖房に当てたり、逆に咲きすぎない様に大切に大切に、頑張って綺麗に咲くんだよと声をかけながら手をかけていました。お二人のお気持ちは温もりのあるおもてなしを大切なゲストにしていきたいという事でしたので、温もりのある優しい春を感じていただける様に、コンセプトの桜を主役にその他は桜色の小花や洋菊を使い、幸せが飛んでくるという花言葉の白の胡蝶蘭を入れて仕上げていきました。また黒の総絞りや上品な洋装時にも衣裳が映えるように凛とした中にも優しさが感じられる様にコーディネートして参りました。
お二人やゲストが春が来る度に、桜を見る度に、この日を思い出してもらえると嬉しいです。

花弘 松浦
担当コンシェルジュ

おふたりと出会い、私もプランナーとして、一回りも二回りも成長させていただきました。
引出物で何かできないか、会場の装飾で、衣装で、写真でと各パートナーさんの未来まで考えて関わってくださったおふたりだからこそ、その期待や希望に応えたいと、全てのパートナーさんも動いてくれました。
人生の選択の中で、結婚式を挙げるという選択をしたこと。
そこから親御様との関係性や、ご友人との関わり方、いろいろな事を考え、想い、過ごされたと思います。
私はおふたりが本当に悩んで悩んで、沢山の選択をされたことを知っています。
本来、プランナーというのは、あくまで影でサポートする一番のサポーターだと思うのですが、
あえておふたりの想いを、がんばりを、こだわりを入場前にゲストの皆様にお伝えする時間をいただき、
お話しできたことは私なりの恩返しになったのではと思います。
これからも萬屋本店と末永く、お付き合いいただき、おふたりの未来までおせっかいながら、
関わらせていただければと思います。末永くお幸せに!

萬屋本店 樋口 綾菜
同会場のその他の感動レポート
萬屋本店

家族の絆

衞藤様
2017年12月
45名様
和装 洋装披露宴

more
萬屋本店

我が家で「もてなす」

木林様
2016年9月 平日婚礼
74名様
鶴岡八幡宮 神前式・和装 洋装披露宴

more
萬屋本店

「成長した姿を披露すること」
それが私たちの感謝の形

大塚様
2016年8月
66名様
祝言・和装 洋装披露宴

more