フェア予約

感動レポート

隠れ里 車屋感動レポート

笑顔で届ける家族への感謝

井上様
2018年4月
35名様
寒川神社 神前挙式・和装披露宴

結婚式の背景

「自分達らしく、これまでの感謝を家族へ伝えたい。」それが二人が叶えたかった結婚式の姿。
「親族の皆様には気兼ねなく大いに食べて飲んで 笑い過ごして欲しい。
結婚式というよりは、宴会の延長線上のような和やかなイメージ。」が二人の望んだカタチ。
新郎家の縁ある神社で挙式を挙げ、家族も一緒に盛り上げた宴は、笑顔で迎える家族の節目の日に。

寒川神社 神前式

一之宮と呼ばれ宗敬を集めてきた寒川神社は、 宏之さんが幼い頃からお参りをしていた縁ある神社。
皆様に見守られる中、誓詞への署名やご本殿へのご報告の儀。
何年、何十年経っても今日という日を思い返す、家族で迎えた大切な誓い。

家族でもてなす祝宴

家族一丸となり、鏡開きで賑やかにスタート。
「等身大の自分達を知って欲しい」と、プロフィール紹介は家族から見た二人を紹介するスタイルをとった。
誰より近しい家族からの紹介は、二人の人柄が伝わり、改めて両親からの想いを知った幸せな時間に。
両親やゲストへの感謝が溢れた結びの挨拶では、皆が思わず涙をしてしまう、心からの感謝と想いが通い合う披露宴となった。

コーディネート

縁ある神社での挙式には、桜の柄行きが美しい嫁ぐ覚悟を表す白無垢を。
披露宴では、親族の皆様が喜んでいただけるようにと日本の伝統的な花々が美しい華やかな色打掛をセレクト。
「リラックスして頂ける雰囲気と、車屋の華やかな赤い盆との調和」にこだわった会場装花は、
【感謝】の花言葉を持つダリアをアクセントに、竹や枝ものを使用。
華やかさと品を大切にすることで、落ち着きのある和の空間に。

前撮り

鎌倉で花寺として名を持つ自然豊かな英勝寺での前撮り撮影。
由佳子さんが一目惚れした黒の総絞りの引き振袖での撮影は、
一日を通して笑顔につつまれた、笑いのたえない幸せなひと時。

おふたりからの感想

メイキングスタッフ
衣裳

ご来店時、嬉しそうに衣装のご希望を話してくださった由佳子さん。初めての衣装合わせでは、おふたりの人生にも背景があるように、衣装にも背景があること。お着物の意味合いからお話をさせて頂きました。衣装合わせはご家族皆様でお選び頂き、その中でもやはり「赤」は、血縁を表し相手側に染まるという意味があるということ。赤は花嫁様が最後にお召しいただける色味であり決意の色の表れであること。この話に感動してくださり、「それならば、ぜひ赤の着物を着たい!」とお選び頂きました。
ただ、着たい物を着るのではなくおふたりが大切な方と過ごす時間にふさわしいお衣装選びにこだわり、衣装合わせで過ごしたご家族との時間もまた、由佳子さんにとって親孝行であり感謝を伝えられた時間になったのではないでしょうか。
お衣装を通して宏之さん、由佳子さんのお手伝いをさせていただいたこと大変うれしく思います。
本当におめでとうございました。お幸せに!

Authentique 鎌倉 鬼沢 美沙
担当プランナー

宏之さん由佳子さんは、初めてお会いした会場見学の際からやりたい結婚式のイメージをお持ちでした。それをいかに実現できるか?更にもっともっと楽しんで頂けるか?そこをポイントに打合せをさせて頂き、お二人 と一緒に私自身も楽しくお手伝いをさせて頂きました。
お二人が二人らしい中に、「いかにゲストの皆様が楽しく心地よく過ごして頂けるか」結婚式当日も心配りをされながら過ごしていらっしゃったこと、とても印象に残っています。ご用意したもの全てにこだわりを込めたお二人の結婚式は、笑いも涙も素直な気持ちで皆様が過ごし楽しまれていらっしゃり、改めて二人を応援しよう。というご親族の気持ちが感じられた幸せなお時間でした。本当におめでとうございました!

The KAMAKURA WEDDING 阿部 友香