フェア予約

感動レポート

神社仏閣感動レポート

大切な家族へ
見せたい晴れ姿

北村様
2019年4月
20名様
鶴岡八幡宮・神前挙式・茶房空花会食会

結婚式の背景

「和装を着て結婚式がしたい。」そう願ったとき、
自然と思い描いたのが、神奈川を代表する鶴岡八幡宮での神前式。
ザ和装という衣装や流行を追っただけの花嫁姿ではなく、
王道なんだけど遊びとこだわりがある。そんな衣装が着たい。
ありきたりの大げさな結婚式ではなく、
遠方から遥々来てくれた親族と一体感ある会食会が出来る場。を探されていた二人。

The KAMAKURA WEDDINGの創り上げる世界観に共感し迎えた当日は
選び抜いた花嫁衣裳を身に纏い、歴史ある由緒正しい場所で晴れ姿を見せた節目の日。

鶴岡八幡宮 舞殿式

おばあちゃん子だった二人は
お祖母様がその姿を見て喜んでくれること、晴れ姿を見せられることが一番の願い。
孫が色鮮やかな花嫁衣裳を身に纏い、嫁ぐ姿を見たとき、涙を流して喜んでくれたおばあちゃん。
これまで育ててもらった恩返しができた瞬間。

「茶房 空花」 会食会

家族のつながりを強く大切にして欲しいとご提案した会場は、
鶴岡八幡宮から5分ほどの「茶房 空花」
江ノ電を見ながら鎌倉らしさを感じる、路地を一本入ったこのお店は、
プライバシーがしっかり守られ、家族だんらんを育む時間に。
遠方に住むご両家同士が、仲を深める場としたかった為、
お席の配置にこだわり、菜々穂さんも引き振袖で動きやすいスタイルにお色直し。
だるまのケーキの目入れをきっかけに、皆が自由に席を移動し食を共にし、喜びをわかち合った。
そんな時間を経て、ひとつの家族になるそんな和やかな会食会。

コーディネート

「自分達らしい衣装が着たい」とご希望をお持ちであった菜々穂さんへご提案させて頂いた
引き振袖と色打掛の重ね着がレトロモダンなコーディネート。
菜々穂さんが産まれた、季節のお花「椿」が色とりどりにデザインされた色打掛は、
北海道からお越しになったお母様と一緒に選ばれた花嫁衣裳。
伝統的な柄行に、艶やかな朱色とベージュの配色が優しい印象に。
ヘアードには、可愛らしい小花と
今日の日を思い出せるようにと、桜の花をあしらった春らしいスタイリング。

おふたりからの感想

メイキングスタッフ
担当プランナー

日々お忙しい翔一さんと菜々穂さん。その中でも、結婚式を楽しみにしてくださっているお祖母様、親御様の為にと、コツコツご準備をされていたお二人。

お打合せでは、いつでもニコニコの笑顔。そんなお二人がお祖母様のことをお話されるときには、とても優しい表情になり、本当に大好きで大切な方なんだと感じました。しっかりその想いが伝えられるような時間になればと一緒にお手伝いをさせて頂きました。

当日の会食では、ご両家がずっと前から家族かのように、仲良く過ごされていたのもとても印象的で、幸せな気持ちをいただきました。お子様にお会いできる日が楽しみです。

是非、また鎌倉に帰ってきてくださいね。おめでとうございました!

The KAMAKURA WEDDING 阿部 友香
同会場のその他の感動レポート
神社仏閣

憧れを叶えた日

濱田様
2018年10月
20名様
鶴岡八幡宮・神前挙式・会食会

more