織り成す-お互いを受け入れ合える1日-|和婚・神社挙式・鎌倉の結婚式場|The KAMAKURA WEDDING
お問合わせ フェア予約

感動レポート

明王院感動レポート

織り成す
-お互いを受け入れ合える1日-

夏苅様
2021年4月
21名様
明王院・結びの儀・和装披露宴

結婚式の背景

「自分たちが主役になる結婚式ではなく、両家の親睦を深められるような時間を作りたい」
そんなご相談から始まったお二人。

今日の日を迎えるまでの毎日がなくては、皆様との関係もなかったはず。
すぐそばにいる大切な家族へ。この結婚式の時間を経て、二人の想いや背景
大切にしていることが織りなす空気感を感じていただきたい。とご提案したテーマは「織り成す」
二人の人柄が伝わるようなあたたかなおもてなしを通して感謝を伝える1日に。

はじまりの時間

大切な方を自宅にお招きしあたたかなおもてなしをするイメージ。
珈琲好きの正之さん自ら、待合室でお気に入りの珈琲を豆から淹れ皆様へ振る舞いました。

どんな時も愛情深く育ててくれたお母様に、娘が嫁ぐことを実感できる瞬間をご提案したかった『紅差しの儀』
今日の日を迎えられたことを喜び合うはじまりの時間に。

親睦が深まる時間

どんな時も奈美子さんの意思を尊重してくれたお父様へ、感謝の想いを込めお父様のエスコートで入場。
お庭で乾杯後、披露宴は歓談を中心に。ご両家の親睦が深まるよう、アルバムをご覧いただきながらのスピーチリレーをご提案。
皆で思い出が詰まった写真を見返したことで、互いの人生を振り返り受け入れ合える時間に。
「おめでとう」という言葉以上にたくさんの想いが溢れ出ました。

大切な人と過ごす幸せ

転勤で熊本に住んでいるため、友人と会えないことを寂しがっていた正之さん。
新郎新婦の為に何かお祝いをしたいというご友人の相談も受け
披露宴後半、サプライズで友人に参加していただくことを奈美子さんと計画。
普段家族で過ごしている際、表情を変えない正之さん。大切な仲間と楽しむ姿を親御様にも見ていただき、夏苅家の仲が深まって欲しい。
ということも奈美子さんの叶えたい一つの想いでした。

餅つきを皆で楽しみ、奈美子さん自らお抹茶を立てふるまい、和やかに過ごした披露宴後半。
自分たちの人生をこんなに多くの方々に支えていただいていることを感じ、感謝の想いが尽きない幸せな時間。

コーディネート

日本の伝統的なものに込められた想いに魅力を感じる奈美子さん。
一生ほどけないと言われている固く結ばれた相良刺繍が施されている白無垢には、
両家の縁を結ぶ、絆を深めるという意味が込められ
大きく羽ばたく千羽鶴の柄行の白無垢をセレクト。
当初白無垢のみの予定でしたが、これから熊本で二人で生活を始める決意の表れとして深紅の赤色打掛をご提案。
裾に重ねた赤色の比翼が華やかな雰囲気に文金高島田のおかつらを合わせ、伝統的な花嫁のスタイルに。

境内には桜が咲き春を感じる心地よい季節。その雰囲気にそっと花を添えるようなイメージの会場装飾。
「感謝」の花言葉を持つ白ダリアをメインに淡いオレンジ色のダリアを合わせ柔らかな色合いに。

撮影

この日の一瞬、一瞬すべてが
何年経っても家族の大切さと夫婦の始まりの日に立ち返れる写真たち。

おふたりからの感想

メイキングスタッフ
フォトグラファー

ご結婚式当日の朝、桜が舞う晴天の青空と自然豊かな明王院の木々がとても綺麗で、今日一日がお二人と、大切なご家族にとって幸せな一日になることを物語っていました。この日のすべてを写真に残したいと心から思う、そんなはじまりの朝でした。

お二人の結婚式を通して、結婚式という一日は、いつもと少し違う特別な日でもありながらも、何気ない会話や、何気ないエピソードに触れ、日常では見れないお姿を知り、その時間を一緒に過ごすことで、結びつきが生まれるのだと改めて感じました。この素敵な結びつきを、写真にのせてどうしたら届くのか考えながらも、私にできる事は、ただひたすら、今ここにあることを写真に残すことだと思いました。

写真に写す事は、その一瞬、一瞬に思いをよせて、同じ気持ちで過ごし、その思いを届ける事。改めて、そう気づかせてくださった、正之さんと奈美子さんその大切な皆様に心より感謝いたします。

勅使河原 久美子
担当ウェディングプランナー

打合せをさせていただく中で、奈美子さんから今までの人生のエピソード、ご家族との関わり、そしてご友人の皆様との絆。どれも1つ1つ大切にしながら生きてこられたお二人という印象を強く感じておりました。

お二人の担当プランナーとしてお二人の想いがきちんと伝わる時間を、1日1組様貸切の明王院ならではの空間で実現したい。直接的な言葉ではない、そこにある空気感や、お二人のそっとしたもてなしの想いを随所に感じて頂けるようなご提案を考えていました。正之さんに向けたご友人登場のサプライズも、奈美子さんとご友人様と共にどの形が皆様にとっていい時間になるのか。たくさん話し合い考えたことを、昨日のことのように思い返します。結婚式当日、お二人が皆様のことを大切に想う気持ちと同じくらい、ご家族・ご友人の皆様がお二人の幸せを想う気持ちが高まる瞬間を何度も拝見し、嬉しく見守らせていただきました。

ご遠方にお引越しされてしまいましたが、ご実家に帰省された際には、是非私たちのサロンにも、そして明王院にも帰っていらしてくださいね。
おめでとうございました!

The KAMAKURA WEDDING 阿部 友香
同会場のその他の感動レポート
明王院

「ただいま。」と
言いたくなる場所

眞部様
2020年9月
29名様
明王院・結びの儀・和装披露宴

more
明王院

家族の風景

田岡様
2020年3月
20名様
明王院・結びの儀・母屋会食会

more
明王院

日常の延長線にある祝宴

井原様
2019年11月
26名様
明王院結びの儀・母屋・和装洋装披露宴

more
明王院

大切な方へ感謝を伝える
「お披露目会」

長塩様
2018年10月
13名様
明王院 結びの儀・母屋披露宴

more